便秘はにストレスは大敵?

便秘はにストレスは大敵?

便秘というのは肉体的な原因かそれとも食事という物理的な原因と合わせて、もう一つ要因があるといわれています。

 

それこそが神経性の便秘と呼ばれるものです。
神経性の便秘とは一体何でしょうか。

 

腸は本来随意的に動かすことのできない臓器といわれ、自分でそれをやめたり進めたりすることができないのです。
そして、それを支配しているのが無意識かで動かすことを可能としている神経系そのものなのです。

 

よく自律神経などといわれていて、夏場には自律神経失調症にならないように注意が促されたりするあの神経です。

 

他にも汗をかいたり瞳孔が開いたりするのも自律神経のなせる技で、そこには無意識に物体に関与することから、要因を取り除くためにはその神経性の異常そのものを排除する必要があるとまでいわれています。
その中でも便秘が生じる最大の要因としてストレスが挙げられます。

 

ストレスは、最も神経性に負荷を与えるものであり、サラリーマンや学生が月曜日に便秘を起こしやすいのもそれが関与しています。

 

神経性の便秘の場合、どんなに良い食品をとっても運動していても便秘が起こるため、判別が比較的簡単です。
その変わり、簡単には便秘解消出来ないと言われています。

 

そのため、自己暗示やメントレように精神的な負荷を減らすトレーニングを行って解決するのが最良となります。