天気のように自由に

カードローンを借換よう

カードローンは、ついつい知らない間に使い過ぎてしまって、気付いた時には多額の融資額を背負ってしまっていた。

 

という例が多いようです。

 

確かに現金と違って、カードはあまりお金を使っている、という感覚を持ちづらいですし、使い過ぎてしまう傾向にあります。

 

また、消費者金融などからお金を借りるわけではないから、安心。
という考えの方も多いのではないでしょうか。

 

一つのカードローンを返済する為に、また違う会社のカードローンを使う。

 

という悪循環に陥ってしまう方も少なくはありません。
そんな膨らんでしまったカードローンを、返済する為には、借り換えがおすすめです。

 

このカードローンの借り換えは、おまとめローンとも言われています。
借り換え、おまとめ、という文字通り、複数の場所から借りている融資額を、ひとつにまとめてしまう。
借り換えてしまう。
という方法です。

 

この借り換えおまとめローンによって、融資を受けている場所を1か所にする事が出来ます。
返済計画も立てやすくなるというメリットもあります。

 

多くの金融機関で借り換えおまとめローンを取り扱っています。
カードローンの借り換えを考えているならば、一度金融機関に相談に行くのがおすすめですよ。

シャンプーとコンディショナーを間違えてしまう

 

昨日お風呂に入った時にまた同じ失敗をしてしまいました。

 

シャンプーとコンディショナーを間違えてしまったのです。

 

ふつうシャンプーは目を閉じていても触って識別できるように容器に刻みがついているのですが、私はあまりシャンプー時に目を閉じることがないため視力が悪いのに見て判断しようとし、刻みがないポンプ容器のプッシュする部分を指2本で引っかけて手元に持ってきて使うため、出してみて初めて気付くということが起こるのです。

 

間違えてシャンプーを選んでしまった時は二度洗いということでごまかしますが、コンディショナーを先に出してしまった時はどうすることも出来ずもったいなく思ってしまいます。

 

間違えた自分が普段から注意すればいい話なのですが、もしシャンプーとコンディショナーのボトルの色が違っていればこのような間違いは起こりにくくなるのではないかと考えるのです。

 

もしかしたらメーカーやブランドによりボトルの色による区別をしているところもあるのかもしれませんが、私の使っているものは同じ色なのです。メーカーによってはボトルの色をかえてしまうとコストが上がるような事情があるのでしょう。ボトルの色が同じで取り違えるとからいう理由で他のシャンプーコンディショナーに乗りかえる気はありませんが、かえてもらえると嬉しいですね。

初めてカメムシを取ろうとしたけど

 

先日、息子を幼稚園に迎えに行って帰っておやつを食べてから近所の子育て支援センターに遊びに行きました。
これが毎日の日課になっています。

 

子育て支援センターでたくさん遊んで5時になったら帰ります。
車に乗りエンジンをかけて帰ろうとした時、息子が「カメムシ!」と叫びました。
見てみると、ナビにカメムシがひっついていました。

 

私は虫が大の苦手なのでものすごくびびっていました。
このまま帰って旦那が帰ってきたら取ってもらおうかとも思ったけど、もし走っている時にカメムシが飛んで運転に集中できなかったら危ないと思い、勇気を出して取ることにしました。
旦那の実家ではよくカメムシが出て、その時はガムテープで取っています。
なので子育て支援センターに入ってガムテープをもらいました。

 

もらったはいいけど、怖くて足が震えてなかなか取れません。
何度か挑戦しましたが、一向に取れる気がしなくて泣きたい気持ちになっていました。
すると、子育て支援センターの先生がやって来てくれて、カメムシが取れないことを伝えるとささっと取ってくれました。
先生は虫は全然平気だと言っていました。

 

すごくかっこいいなと思いました。
それ以来車に乗る時は必ずカメムシがいないか確認してから載っています。